病気平癒(六三除け)祈願の大阪泉州大津神社

***

陰陽五行占いによる開運鑑定・赤ちゃんの命名(名付け)・家相風水鑑定を行っています

トップページ > トップページ

大津神社HP目次

トップページ 由緒 御祭神 ご祈祷(人生儀礼) 五行占い(鑑定) 赤ちゃんの命名(名付け) 家相風水 九星方位 厄年表(九星方位) 六三除け(病気平癒) 祭礼(だんじり) お守り 年中行事 境内 デイサービス若宮の杜 アクセスガイド サイトマップ

病気平癒(六三除け)祈願とは

病気の原因がはっきりしなかったり、薬の効果が現れにくかったりする場合は六三除け(ろくさんよけ)をして病気平癒を祈願します。

摂社式内粟宮の御祭神「天太玉命」は、 占いの神祭具の神として古来より篤く信仰されてきました。

六三除け(六算除け)は、人体を九つの部位に分け、どこに病気の原因があるかを知って、これを治す呪術です。
六三に中っているかは、数え年を九で割って余りを出すと分かります。

詳しくは六三除け(病気平癒)のページをご覧下さい。

大津神社について

大津神社鎮座の起源は「小津の泊まり」に祀られた小祠であったといわれます。 その後鎌倉時代に八幡大神を勧請し、以来「若宮八幡宮」と称していましたが、明治四十一年に、 宇多神社神明神社菅原神社の 三社を合祀し、事代主神社を境内社として合併し、式内粟宮を 境内に移築した際に、「大津」の総鎮守として、「大津神社」と改称されました。





厄除け桃方位盤が完成しました


 拝殿前「厄除け桃方位盤
 桃は陰陽道にて魔除厄除の果実とされ、また、方位盤の四方の玉は御富岐玉(みほぎだま)と呼ばれる祭具です。
 ご参拝の折に厄除桃・御富岐玉を手でさすり、そして自身の身体を撫でて祓い清め、お祈りください。






魔除け桃守り 八方除け守り 御富岐玉(方位守り)

社務所だより



こちらをご覧下さい
年齢は数え年です

大津神社鎮座地

〒595-0065
大阪府泉大津市
     若宮町4−12

TEL
0725-32-0603
FAX
0725-32-1105
E-Mail:
otsu@jinja-osaka.gr.jp