病気の原因がはっきりしなかったり、薬の効果が現れにくかったりする場合は六三除け(ろくさんよけ)をして病気平癒を祈願します。
摂社式内粟神社の御祭神「天太玉命」は、占いの神・祭具の神として古来より篤く信仰されてきました。

六三除け(六算除け)は、人体を九つの部位に分け、どこに病気の原因があるかを知って、これを治す呪術です。
六三に中っているかは、数え年を九で割って余りを出すと分かります。

六三除け

病気平癒(六三除け)のご祈祷

御神前で六三除け(病気平癒)のご祈祷を受けられた方には、お守りと一緒に人形(形代)を六枚お渡し致します。

お玉串料:一万円のお納めです

  1. 自宅に帰り、人形(形代)を使い、六三除けを六日間続けて行います
  2. 六枚の人形を納めた上袋の裏に、住所、氏名、数え年を書いて神社に納めてください
  3. 七日目に自宅で
    1. 豆腐を数え年の数に賽の目に切ります。
    2. 御神酒一合と醤油少しとを添えて神棚に供え、二拝二拍手一拝して病気が治るよう祈願します。
    3. 神拝詞「五王(ごおう)ある中なる王にはびこられ、病は疾(とく)に逃げ去りにけり」と十回唱えます。
    4. 四拍手し、さらに九拝します。
    5. 供えた御神酒を三口飲み、豆腐を五切れ醤油をつけて食べます。
    6. 残りの豆腐は重ねた半紙九枚に包んで川か海に行き、「西の海大海原の沖の背は、六三祓え荒磯の海」と唱えながら静かに流してください。(周囲の迷惑にならないように十分配慮しておこなって下さい)

詳細はご祈祷の際にご説明致します

お願い

ご祈祷は随時お申し込み順に承ります。

他のご祈祷や鑑定などと重なりますと、長くお待ちいただいて次のご予定に差し障りがでるような場合もございます。

そのようなことが無いように事前にご予約の上、ご参拝下さいますようお願い申し上げます。

「六三除け」のご祈祷をお受けになる方で、体調等のご事情でご来社が叶わない場合、
郵送・メール・FAXでのお申し込みも受け付けております。
詳しくは社務所までお問い合わせ下さい。