御本社の御祭神・神功皇后は、「古事記」によると、「神功皇后が出征されたとき、お腹には応神天皇を身ごもっておられました。
そこで石を帯の中に巻きつけ、無事に戻られて安産をなさった。」とあり、その故事にちなみ安産の神様として篤く信仰されています。

祈願は妊娠5ヶ月めの戌の日を選び参拝するのが一般的です。

お渡しするお下がりの中には、

  • 安産のお守り
    安産のお守り
  • 祈願絵馬
    祈願絵馬
  • 縁起物の「張り子犬」
    張り子犬

と共に腹帯(岩田帯)が入っておりますが、ご自身でご用意された腹帯や妊婦用コルセットなどもお持ちいただきましたら併せて御神前でお祓いを致します。

お玉串料:八千円のお納めです