七五三
子どもの健康と成長を感謝し、今後のさらなる成長を氏神さまに祈願します。

三歳は「髪置(かみおき)」といい、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式で男女ともの祝い

五歳は「袴着(はかまぎ)」といい、初めて袴を着ける儀式で男の子の祝い、

七歳は「帯解(おびとき)」といい、着物の付け紐を取り去り帯に替える儀式で女の子の祝いです。

本来は11月15日にお参りするものでしたが、近年は11月中の良日にお参りする方が多いようです。
もともとは、数え年でおまいりをしましたが、現在では、満年齢でおまいりされる方も多くなってきました。

お下がりには、千歳飴や七五三絵馬、おもちゃをお渡し致します。

お玉串料:七千円のお納めです